子どもの学費は教育ローンで支払い〜家計の負担を軽減するコツ〜

HOME>イチオシ情報>教育ローンを利用して子どもの学費負担を分散!

支払い負担を分散して軽減

子どもが学校に通うとなると学費が発生し、また学費も決して安い金額ではありません。そのため、貯蓄がないと全部支払っていくことが難しくなってしまうでしょう。しかし、教育ローンを利用することで支払い額を月々で分散して支払っていくことができるので、一括で支払えない場合でも学費を支払っていくことができます。

教育ローンの使い道

  • 受験料
  • 交通費
  • 入学金
  • 授業料
  • 教科書・教材費
  • パソコン購入費
  • 居住費

早めの申し込みが大切

大阪で教育ローンを利用しようと、子どもが受験に合格してから申し込みをする人は少なくありません。しかし、教育ローンも通常のローンと同様に審査が必要になってきます。そのため、審査に時間がかかってしまう上に同じタイミングで申し込みをする人も多いのでより審査に時間がかかってしまうでしょう。ですから、申し込みをする際は合格発表前がベストだと言えます。

教育ローンに関するQ&A

家族

誰でも利用することはできますか?

収入によって異なりますが、支払い能力があると認められれば基本的に誰でも利用することは可能です。また、収入が多い場合でも利用する機関によっては活用していくことができます。

いつ申し込みしたら良いですか?

余裕を持って資金を準備する必要があるので、資金が必要になる2か月前には申し込みをしておいた方が良いでしょう。もしものことを考えてキャンセルできるかも確認しておいた方が良いと言えます。

奨学金も一緒に利用することはできますか?

教育ローンと奨学金を組み合わせて利用することができます。ほとんどの家庭では両方利用しているということもあるので、自身に合った方法を選んで利用すると良いでしょう。

教育ローンを利用して子どもの学費負担を分散!

文房具

教育ローンのタイプ

教育ローンを利用することができる機関は、国の教育ローンと銀行系教育ローン、信販系教育ローンが挙げられます。最も利息が低くなっているのが国の教育ローンになっており、利息が低い分審査が厳格になっています。また、通う学校によっては提携ローンを提示しているところもありますが提携ローンが良いというわけではありません。借入するところによって利息が異なってくるので利息には注意してみておいた方が良いと言えるでしょう。知らずに提携ローンを利用し、利息で支払い額が大きくなってしまうということもあるので家庭に合った教育ローンを利用することが重要になります。

広告募集中